« 2004年05月 | 2004年06月 | 2004年07月 »

2004年06月30日

精霊流し

誰もが知ってるグレープの名曲。
精霊流しといえば、さだまさしであるが、元々はこの彼が所属するこのグループのシングルとして発売された。
ちなみに、知らない人のために言っておくと、「しょうろうながし」と読む。

精霊流しとは、長崎の伝統儀式のことで、京都や奈良の大文字焼きなどと同じくしてお盆に行われ夏の風物詩として有名。

物悲しく優美なメロディがぐっとくる名曲中の名曲。
イントロのヴァイオリンの音色からすうっと引き込まれる。

--------------------------------------------------------
去年のあなたの想い出が
テープレコーダーからこぼれています
あなたのためにお友達も
集まってくれました
二人でこさえたおそろいの
浴衣も今夜は一人で着ます
線香花火が見えますか
空の上から
約束通りにあなたの愛した
レコードも一緒に流しましょう
そしてあなたの舟のあとを
ついてゆきましょう
私の小さな弟が
何も知らずにはしゃぎまわって
精霊流しが華やかに
始まるのです


あの頃あなたがつま弾いた
ギターを私が弾いてみました
いつのまにさびついた糸で
くすり指を切りました
あなたの愛した母さんの
今夜の着物は浅葱色
わずかの間に年老いて
寂しそうです
約束通りにあなたの嫌いな
涙は見せずに過ごしましょう
そして黙って舟のあとを
ついてゆきましょう
人ごみの中を縫うように
静かに時間が通り過ぎます
あなたと私の人生を
かばうみたいに
--------------------------------------------------------

この曲は歌詞が限りなく日本的情緒が漂っていて、とても好きである。
そして非常に完成度が高い。

多分恋人を失った若い女性。突然死ではなく、病気か何かで予め覚悟していた死の訪れというのは歌詞から読み取れる。
まるで情景の浮かんでくるような優しい詩で、メロディとぴったりマッチしている。

浴衣・線香花火・精霊流し・くすり指・着物・浅葱色・・・
美しい言葉たちだ。

僕は実を言うと夏は苦手な季節ではあるが、日本の夏って良いなと思う。
何だか矛盾したことを言っているが、夏はそういう不思議な季節なのである。

投稿者 shiba : | コメント (0)

2004年06月24日

ZIPPO

お馴染みZIPPO社製のオイルライター。
昨今はお馴染みになりすぎて、オイルを入れて使うライターのことをZIPPOだと思っている人が居たりもする。

と言うわけで、ZIPPOのお話。
このZIPPOは、僕の愛用してるやつである。確か1000個限定というものだったと思うが、シリアルNo.が入っている。僕の持っているのはNo.339。

僕はZIPPOマニアでも何でもないのであるが、ZIPPOがらみの世間に蔓延る謎の噂について田原総一郎のように斬ってみようかと。

ZIPPOの底面に書いてある英数字について、こんな風に言う人がいる。

「この英数字はね、開けた時の音の綺麗さを表してるんですよ。」

すかさず返す。

「いや、それは違うんじゃあないですか???」


実はこれは、製造年月を表しているのである。
僕のは、E、Ⅸなので、1995年5月製だということが解る。

僕はこの辺りしか知らないが、マニアに言わせると、もっとあるのであろう。
しかしながら、田原総一郎のように斬ってばかりいては友達は凄く減るであろう。

でも、斬りたい時には斬れば良いのではないであろうか。

斬られるのも人間、斬るのも人間。

最近そういう風に思う。

投稿者 shiba : | コメント (2)

2004年06月22日

オオシロカラカサタケ

香川県というところは、まるで娯楽のない土地である。
またひと月ほど香川メインな生活環境と相成ったのであるが、ココって、うどんが安いということ、こんぴらさんの階段を手軽にのぼれること・・・他にも何かはあったと思うが、どれもぱっとしない。

只、割とのんびり過ごせるので、色々と探検するのが自分なりの娯楽となっている。
廃墟探検をしてみようと思い、とある地に辿り着いた。
車を止めて先ず目に入ったのがこの看板。

オオシロカラカサタケ??

なにやらデンジャラスな香りの漂うこの看板。
要するに「毒キノコに注意」との呼びかけ。
ふと疑問が脳裏をよぎる。

・・・食うやついるのだろうか?

よく見ると、これは国土交通省からの通達であるらしい。(写真矢印部)
この看板がある以上、過去に食して中毒になった方がいらっしゃるとみて、間違いないだろう。

まるで、指名手配犯のように堂々と看板に写っているオオシロカラカサタケは、
相当なワルに違いない・・・。

野に生息するキノコを素人判断で食うのはとても怖いと思った。
そして、どうしようもないほど貧窮していない自分にほっとしたりする。

投稿者 shiba : | コメント (2)

2004年06月20日

Don't Worry, Be Happy!

ボビー・マクファーレンの名曲。

このおっさん誰だ??

と思った人も多いかもしれないが、この歌を聴いてみるとピンとくるはず。
あの、美しき口笛の奏でる優しいメロディに青春の日々を彷彿する人も多いはず。

この人は凄い声域の持ち主で、一番吃驚するのは、この曲は楽器の類を一つも使用していないのである。

最近チョッと流行ったアカペラであるが、やってることは同じ。
この人は一人で多重録音を繰り返し、この完成度の高い曲を完成させている。
ベースも、パーカッションも、コーラスも、全部一人で、しかも自分の声でやっている。
なんだか究極のこだわりだと思った。

レゲエ畑の人だと思うが、このキャッチーなメロディがなんだか日本人の心を刺激する。
なんだか懐かしくはないか??
青春の影を垣間見ないか??

と、言いながら、
青春って、何歳から何歳までのことを言うのか、深く思索に耽る・・・。

投稿者 shiba : | コメント (1)

2004年06月17日

PEACE

超が付くほどマイナーかもしれないが、僕はこの曲がとても好きである。
南佳孝というこのシンガーソングライターは、郷ひろみの「モンローウォーク」や、薬師丸ひろ子の「メイン・テーマ」(何故か南佳孝本人のアルバムでは「スタンダード・ナンバー」となって歌詞も変わっているが)などで有名。
この曲はアルバム「冒険王」に収録されている。

--------------------------------------------------------
やわらかなシャドウ 瞳閉じれば
あの頃のままの君が首をかしげる

ゴダールの映画って 難しくて嫌い
カフェ・オレを見つめて 不機嫌顔
コルトレーン 聴きながら 煙草をふかしたね
「平和」(ピース)はほろ苦い味がしたけど

君の部屋のTVで
月に舞い降りる船を見た

哀しいくらいに 憶えているよ
やさしい仕草も 話し方のくせさえ

学生のアジテーション 機動隊の盾が
降りおろされるのを 舗道で見た
何かを変えようと あせればあせるほど
変わってしまうのは 若さだけだね

青春 明るく暗い
言葉 不思議に今好きになる

やわらかなシャドウ 瞳閉じれば
あの頃のままの君が首をかしげる
忘れないさ
忘れないよ
--------------------------------------------------------
ところで、この曲、所謂70年安保の「平和」と煙草の平和、つまり「PEACE」を掛けて唄っているのはお分かり頂けると思う。

僕はこのPEACEという煙草を愛煙している。
僕は別に平和主義でも、この歌のように、安保運動に興味があるわけではないが、

この煙草美味しい。

それだけ。
このPEACEという煙草、香りが濃い。そして味が濃い。
要するにこの煙草を吸いだすと、他の煙草が吸えなくなる。

僕の場合、無ければ自動的にハイライトかホープになる。

洋モクはどうしても駄目だ。

まあ、それはそれで良いとしよう。

しかしながら、この70年代という時代はなんだか好きである。
なんだか生き生きしている。そんな感じがする。

今ほど平和ボケしていなくて、素敵ではないか。
戦争は嫌いだが、今の世の中もどうかと思う。

今の人間以外の生物はもっと過酷な競争により古代より進化してきた。
何か間違っているような気がするが。
しかし、何が間違っているがわからないのも現実ではある。

投稿者 shiba : | コメント (2)

音信

家に帰ってみると一通の分厚い手紙がポストに入っていた。
実家から転送されていた。
母から妙な電話があったが、とりあえず送れなどといつもながら適当な返事をしていたのを思い出す。

差出人は見覚えの無い名前。長崎からだった。
封を切ってみる。

一通り読んで何となくわかった。
もう一度読んで大体わかった。
三回読み返して完全に理解できた。

実に6年ぶりの音信だった。

学生の頃、僕は旅をしていた。
このことは何度か書いたかもしれないが、
あの頃は何だか一人旅だとか貧乏旅行だとかが流行っていて、
時間を持て余す学生はこぞって旅をしていたように思う。
僕も例外では無かった。

一人でなんとなく旅に出て、
帰って来る頃には何となく我ながら大人になったような不思議な陶酔が実に気色良いものであった。
それは旅先での様々な出会いを反芻するにつけ、そう思うのだった。

それは良い出会い、悪い出会い、色々なことがあったが、
それは時を重ねるにつれ、人生の知識の糧と化すのである。

手紙には思い出と化した当時の回想文と、近況報告がびっしりと7枚の紙に記されていた。至極当たり障りの無い内容だったのでこの差出人を断定するには少々時間が掛かったが、読み返す内にわかった。理解した途端、走馬灯の様にこの人と過ごした時間が脳裏を巡る。
それと共に、ふと不思議な疑問が胸をよぎった。
「何故この人のフルネームを知らなかったのであろうか」
と。
この人の苗字がこんな名前であることは知らなかったし、この人の名前を漢字で書くとこうなるという事実さえ知らなかった。そしてこの人がこんな字を書くことも知らなかった。

しかし、一か月程の月日を、この人と同じ夜を迎え同じ朝を過ごしたということは事実であり、それは過ぎ去りし日々の蜜月であり、淡い思い出でもあった。

最後に一言こう書かれてあった。

「○月×日に結婚します。」

良い意味でこの人は胸に残る独身時代の出来事に線引きしたかったのかもしれない。
この手紙の差出人の情報は長崎県○○市で止められてあった。
この手紙は一方通行であるべき手紙なんだと何となく悟った。

ふと、記憶の中のパンドラの箱の鍵というか箍が外れそうになるのを感じたがじっと抑える。

僕は何故か昔から、人に良く相談される性質なのであるが、決まって言うのは
「いろいろある」「忘れたら?」
ということ。究極的にはこの結論に達する。
当然自分の思うことはアドバイスするが、それはあくまでアドバイスであって、アドバイスの域を超えない。越えることが出来るならば、僕は教祖にでもなっていただろう。そして間違ってオウムのあの人のようになっていたかもしれない。

先に述べたことと矛盾しているかもしれないが、人間はどうでも良くない記憶を忘れることなんて出来ないのであると思う。
それは忘れるのではなくて、心の奥底に収納するのである。
僕がいつも安易にそういう結論に達するのは、人間は十人十色だからである。

もしかしたら完全に忘却できる人もいるかもしれないし、僕と同じくそういう記憶の保管庫を持っている人もいるだろうし、まったく持ち合わせていない人もいるだろう。

また、人によって出来事に対する記憶の程度は違うので、はっきり言って他人にはわからない。

判断するのは最終的に自分であるし、他人のアドバイスのままに進めるも善し、自分の思うがままに進めるも善しで、答えなんかどこにも無いのである。

僕はなんだか書きたくなったので書いた。
何となく自分自身書くことで整理できたような気がする。
「気がする」と思うことはとても大事なことである。

既に終わりを告げてから正に相当の月日が流れ、自分自身、忘れていたと思っていたことがふうっと舞い戻ることもあるのだな、と不思議に思う。なんだかセンチな気分になることもあるのである。
そういう時、僕は酒を呑んで忘れることにしている。いや、思い出さないことにしている。

思い出というのは、或る意味良い所と、然程悪くない所のみを切り取って変える素晴らしく合理的な機能というか言い回しである。

多分明日にはいつものように朝が来て、一日が始まるのであろう。明日いつものように始まらなければ明後日には多分来るだろう。

水戸黄門が言うように
「人生楽あれば苦あり」
そういうこと。この言葉は意外と核心を突いている。

兎も角も、手紙の文章が幸せそうだったので良かった。
だから祝福してあげたいし、そういう意味でも思い出に完全に変えなければならない。変えれるのかどうかはわからないが、完全でなくともそれなりの形にしたい。
具体性は無いが、うん、僕も頑張ろうなどと、少し思った。

前を向いていれば割りと良い事があるものなのである。
それは気分次第なのであるが、感じかただけの話であって、そう思うことが大事だと思う。

投稿者 shiba : | コメント (0)

2004年06月16日

京都慕情

「京都を題材にした歌」を代表する歌謡曲と言っても過言ではない曲。
作曲はお馴染みベンチャーズ。
よっぽど日本を愛していたのであろう。
この旋律はとても日本人好み。
------------------------------------------------------
あの人の姿懐かしい
黄昏の河原町
恋は 恋は弱い女を
どうして泣かせるの
苦しめないで
ああ責めないで
別れのつらさ知りながら
あの人の言葉想い出す
夕焼けの高瀬川

遠い日の愛の残り火が
燃えて嵐山
すべて すべてあなたのことが
どうして消せないの
苦しめないで
ああ責めないで
別れのつらさ知りながら
遠い日は二度と帰らない
夕やみの東山

苦しめないで
ああ責めないで
別れのつらさ知りながら
遠い日は二度と帰らない
夕やみの桂川
------------------------------------------------------
ああ。なんだか遠い日が懐かしい。

「遠い日の愛の残り火が燃えて嵐山」
なんて、とても美しい言葉であると思う。

帰ってきたら今日はなんだかブルー。
そんな日は京都慕情を聴きながら、
酔いつぶれるまで呑むのだ。

投稿者 shiba : | コメント (0)

2004年06月13日

しろくま

僕は酒飲みの割には、意外と甘いものもいける口だったりする。
この九州産のアイスがとても好きである。「しろくま」は、何故か香川県のスーパーやコンビニには必ず置いてあって、いつも香川の部屋の冷凍庫にはストックしてある。

実を言うと、僕はアイスがとても好きで、今まで食べたアイスのベスト③は…

①551フルーツ味。
②しろくまアイス
③小豆島醤油ソフトクリーム

である。個々の説明についてはまたの機会としよう…

しろくまは練乳ベースのミルクアイスにあずきやフルーツなどが散りばめられた美しきアイス。

も少し甘さ控え目だと尚良いのだが・・・。

投稿者 shiba : | コメント (4)

2004年06月09日

幽霊子育飴

知る人ぞ知る「京都銘菓」である。
かなりB級な香りの漂う名前であるが、由来はこうである。

江戸時代、とある夫婦を土中に葬った後、数日経つとその墓の下で産声がする。
掘り返してみるとその妻の子が生きていたという。
その当時、夜な夜な飴を買いに来る女が居たが、
その子が掘り出されるとぱったりと来なくなったという。
つまり、幽霊がその飴で子を育てたということ。

この飴は結構高級品で、一袋500円もする。
ゴロゴロと適当な大きさに切られたその飴は、
口に含むと「上品なカンロ飴」といった感の、なにやら懐かしい味がした。

四条界隈でいつも車を駐車するマイ無料駐車プレイス(←秘密)の近くにあるので前から知っていたが、買うのは初めてである。
二袋買い、親に一袋あげて残りは持って帰ってきた。

多分、封を切らぬまま忘れそうである。

素朴な疑問であるが、飴って腐るのであろうか??

投稿者 shiba : | コメント (2)

2004年06月07日

恋におちて~Fall In Love~

小林明子の名曲。俗に言う「金妻」の主題歌である。
この歌凄く好きである。

日本語と英語が半々に折衷しているのであるが不思議に
溶け合っている。
メロディがキャッチーで、気持ちの良い曲である。
---------------------------
もしも願いが叶うなら 
吐息を白い薔薇に代えて
逢えない日には部屋中に飾りましょう あなたを想いながら
Darling, I want you 逢いたくて
ときめく恋に駆け出しそうなの迷子のように
立ちすくむ私をすぐに届けたくて 
ダイヤル回して手を止めた
I'm just a woman falling love

If my wishes can be true
will you change my sigh to roses whiter roses decorate them for you
Thinking'bout you every night and find out where I am
I am not livin' in your heart

Darling, I need you どうしても 
口に出せない願いがあるのよ土曜の夜と
日曜のあなたがいつも欲しいから
ダイヤル回して手を止めた
I'm just a woman falling love

Darling, you love me 今すぐに
あなたの声が聞きたくなるのよ両手で頬を
押さえても途方にくれる夜が嫌い
ダイヤル回して手を止めた
I'm just a woman falling love 

Don't you remember when you were here
Without a thinking we were caught in fire I've get a love song
But where it goes there loving herts are pullin' a part of one
Can't stop you Can't hold you Can't wait no more

I'm just a woman falling love
I'm just a woman falling love
---------------------------
ダイヤル回して手を止めた・・・
ちょっと切なくてメロウである。
ただ、この曲は現在進行形なので、メロウではあるがそう切なくは無い。
これが過去形だと相当切ないのは言うまでも無い。
ここでの切ないは、ただ逢えない日が切ないのであって、
全く逢えなくなって切ないのとは訳が違う。

甘い甘い恋の日々。
大切な人と過ごした蜜月。
一緒にならない限り、いつか終わりがくるのだろうけれど、
終わりなんて恋の最中は全く予感しない。
意中の人意外は全てが盲目。
そんな甘いチョコレートみたいな思い出・・・ありますか??

投稿者 shiba : | コメント (0)