« しろくま | 京都慕情 | 音信 »

2004年06月16日

京都慕情

「京都を題材にした歌」を代表する歌謡曲と言っても過言ではない曲。
作曲はお馴染みベンチャーズ。
よっぽど日本を愛していたのであろう。
この旋律はとても日本人好み。
------------------------------------------------------
あの人の姿懐かしい
黄昏の河原町
恋は 恋は弱い女を
どうして泣かせるの
苦しめないで
ああ責めないで
別れのつらさ知りながら
あの人の言葉想い出す
夕焼けの高瀬川

遠い日の愛の残り火が
燃えて嵐山
すべて すべてあなたのことが
どうして消せないの
苦しめないで
ああ責めないで
別れのつらさ知りながら
遠い日は二度と帰らない
夕やみの東山

苦しめないで
ああ責めないで
別れのつらさ知りながら
遠い日は二度と帰らない
夕やみの桂川
------------------------------------------------------
ああ。なんだか遠い日が懐かしい。

「遠い日の愛の残り火が燃えて嵐山」
なんて、とても美しい言葉であると思う。

帰ってきたら今日はなんだかブルー。
そんな日は京都慕情を聴きながら、
酔いつぶれるまで呑むのだ。

投稿者 shiba :

コメント

コメントしてください




保存しますか?