« オオシロカラカサタケ | ZIPPO | 精霊流し »

2004年06月24日

ZIPPO

お馴染みZIPPO社製のオイルライター。
昨今はお馴染みになりすぎて、オイルを入れて使うライターのことをZIPPOだと思っている人が居たりもする。

と言うわけで、ZIPPOのお話。
このZIPPOは、僕の愛用してるやつである。確か1000個限定というものだったと思うが、シリアルNo.が入っている。僕の持っているのはNo.339。

僕はZIPPOマニアでも何でもないのであるが、ZIPPOがらみの世間に蔓延る謎の噂について田原総一郎のように斬ってみようかと。

ZIPPOの底面に書いてある英数字について、こんな風に言う人がいる。

「この英数字はね、開けた時の音の綺麗さを表してるんですよ。」

すかさず返す。

「いや、それは違うんじゃあないですか???」


実はこれは、製造年月を表しているのである。
僕のは、E、Ⅸなので、1995年5月製だということが解る。

僕はこの辺りしか知らないが、マニアに言わせると、もっとあるのであろう。
しかしながら、田原総一郎のように斬ってばかりいては友達は凄く減るであろう。

でも、斬りたい時には斬れば良いのではないであろうか。

斬られるのも人間、斬るのも人間。

最近そういう風に思う。

投稿者 shiba :

コメント

うわぁ。このZIPPO渋いね。 私もマニアとまではいかないけどZIPPO好きで今三つ(正確には三つしかない)持ってます。 ZIPPOをカチッと開けるとほのかにオイルの匂いがして...あのオイルの匂いが好きなんだなあ。 うーん、凄く好きです。 斬られるのも斬るのも人間。 ちなみにわたくしは去る者は追わずのひと。

投稿者 misa : 2004年10月20日 16:07

そうそう。 あのオイルの香りがなんとも良いのです。 でも、あれで酔う人も居るらしいので、賛否の分かれるところです。 あはは。misaらしいね。笑 そうそう、 来る者拒まず去る者追わずは僕も同じです。笑

投稿者 しば : 2004年10月20日 16:36

コメントしてください




保存しますか?