« 2004年12月 | 2005年01月 | 2005年02月 »

2005年01月27日

賢者の贈り物 【しばさんの小話 其之壱】

ある貧しい夫婦がいた。
クリスマスにお互いにプレゼントを贈りたいが金が無い。

夫には唯一つ自慢の逸品を持っていた。金時計である。当然妻から夫へのプレゼントは金時計の鎖。
妻にもあった。それは美しい髪。夫から妻へのプレゼントは髪を飾る櫛。

ところが当日二人はお互いのプレゼントを見て吃驚する。

妻は髪を売り金時計の鎖を買っていた。
夫は金時計を質に入れて櫛を買っていた。

誰もが知っているオー・ヘンリー作のハァトウォーミングな物語。まだ僕が少年の頃はテレビのCMでやっていた。

何だか、じぃんとくる良い話だ。
よくよく考えてみるとこの話はちょっとおかしいのであるが、そんな細かいことはどうでも良いのだ。
良いものは良い。これ大事為り。

投稿者 shiba : | コメント (0)

2005年01月26日

じゃこ天の季節

今日は宇和島に行ってきた。宇和島といえば闘牛。

でも、やはり忘れてはいけないのが、揚げたてのじゃこ天。

とにかく旨い。
これで、美味いビールか、日本酒でもあれば最高なのだが。

移動ばかりの多忙な中にも、少しだけ幸せを感じる瞬間がある。

こういう瞬間が、とても好きだ。

投稿者 shiba : | コメント (0)

2005年01月25日

比翼連理

少しだけ遠くにいるあの人に、もう少しだけ近くになりたいと思ってみたり。

海の向こうのあの人に、遠く目を細めてみたり。

比翼の鳥のように、連理の枝のように、なれたら素敵であると思ってみたり。

こんなことを考えることが出来得る生命体に生まれて良かったと思ってみたり。

そして今日の自分は凄く変だと思ってみたり。

投稿者 shiba : | コメント (0)

2005年01月24日

88

四国八十八箇所霊場廻り

折角、半四国人なのだから・・・決めた。
やるぞ!やるぞ!やるぞ!

しかしながら、金剛杖と白衣って、要るのだろうか?
気持ちの問題だからやっぱり買っておこう。

三月末までに八十八箇所制覇したい。
と、言いながら日が無い・・・。

投稿者 shiba : | コメント (2)

2005年01月23日

ターニングポイント

7216096_198.jpg
人生には幾度となく分岐点がある。この先長いのか短いのかわからないけれど、きっと何度かあるはずだ。分岐点は真ん中で真っ二つに割れていたり、脇道であったり、三叉路であったり、四叉路であったり。真っ直ぐ歩く人もいるし、曲がりたくても曲がれない人もいるし、曲がろうと思っていなくても曲がる人もいる。

今がそうであると自分で感じる時がある。今までずっとそう思っていたことであっても、それを実行するか否か決断しなければならぬ時が来る。それが曲がり道、分岐点、つまりターニングポイントであると思う。

その時が来た。はっきり解った。
一晩ずっと考えて決断する。

曲がることにした。

そう決めた次の日、実行した。
何だか晴れ晴れとした気分。

新しきものを探す旅にでよう。今一度振り返りながら。

投稿者 shiba : | コメント (0)

2005年01月19日

カルミン

01-03.jpg

懐かしい。

やめられない。

止まらない。


カルミンは中毒性のある菓子であると思う。食べだすと止まらない。
多分、甘すぎず、そして美味しすぎないところが最大の魅力。

投稿者 shiba : | コメント (0)

2005年01月17日

マミヤ645

01-02.jpg

買ってしまった。
67にしようか645にしようかと悩んだが結局645にした。
両方ともレンズ付だったが、最後は何故かレンズで決めた。ものすごく明るい80mm。

本当は6×6のが欲しかったが、また安い二眼レフでもそのうち手に入れようかと。

今まで不思議とカメラを買おうとか欲しいと思うことは殆ど無かったのだが、何となく欲しくなり何となく買った。前に買った二眼レフが壊れていたので、ムキになっていたのかもしれない。

今回は、気になる点もなきにしもあらずだが、まずは大丈夫そうである。

ガシャガシャとシャッター音がうるさくて良い。
無駄に重くて良い。
大きくて持ち運びが不便で良い。

こういうのが大好きである。

投稿者 shiba : | コメント (0)

2005年01月16日

髭の行方

そういえば忘れていた。
年末から1月5日まであった髭。

せっかくなので公開。

何故だか良くわからないが、髭剃ってから、頬の肌荒れがひどい。本当のところは、冬は髭で寒さを防御する必要性があるのかもしれない。

そもそも大昔に、一体誰が髭を剃るとか髪を切るとか考えたのだろうか。多分、その人が切り始めたから、他の人が真似をしてみんな切り始めたのであろう。そして進化の過程で髪と髭は幾らでも伸びるようになったのだと思う。現に他の体毛は伸びないから。

投稿者 shiba : | コメント (0)

2005年01月15日

広島の中華蕎麦

6650831_16.jpg
先週は広島で過ごしていた。
旅先でふっと一人の時間があると、案外行動的になったりする。のんびり志向の僕もまた然り。
そして新しいものに出会うのだ。

「広島ラーメン」というカテゴリィが確立されているのは、以前から気になっていた。実を言うと僕は無類のラーメン好きだったりする。広島には時々訪問するのであるが、なかなか時間が無かった。土曜は一日暇だったので、広島の中華そば屋を二軒巡ってみた。二軒共にガイドブックに載っていて結構有名みたいだ。

上海総本店
名前はゴージャス。
味はイマイチ好きになれなかった。
カウンター横にどかんと存在感を放っていた「どす黒いおでんのようなもの」が気になったが、何となく食う気がしなかったので食べず。多分、この店へは二度と行かないだろうと思ったらやっぱり食べておいたほうが良かったかな、と思ってみたり。

陽気
住宅街にぽつんとあった。何となく流行って無さそうな感じがしたが、扉を開けるとびっくりした。小さくて綺麗な店内に客が鮨詰め。たった一つ空いていたカウンターの一席に座る。女の人が切り盛りしているようだ。女主人と思われる人と、女子高生らしきアルバイトが二人。
少々甘い味付けだったが味が纏まっていて、なかなか美味しかった。中華そばのみで勝負というのも良い。また食べたい。
ところで、この店のアルバイトの女の子が二人とも全く化粧気がなく、とても素朴で可愛くて、そして笑顔がとても光っていた。
余談ではあるが、女の子は18歳位まで化粧しなくても良いというのが僕の意見である。何故に溢れる瑞々しさを化粧のベールで隠してしまうのか。まあ、お洒落したい年頃であるのは確かだろうし、所詮は男の戯言かもしれない。そして真面目にこういう風なことを考えてみることにつけても、自分が確実に年を取っていっていることを自覚し、少し悲しくなる。
ともかくも、また是非訪れたい店であることは確か。

投稿者 shiba : | コメント (0)

2005年01月08日

アンコ餅 in 雑煮

ふと突然思い出したので書き記す。

あれは一月四日のこと。
昼飯を食べに行っていた。

最近あんまり行ってなかった食堂でとることにした。
その日がちょうど店初めだったらしく雑煮を振舞っていた。

今年は大阪で正月を迎えなかったので、何だか嬉しいサービス。初雑煮。

餅を幾つ入れるか聞かれたので二つと。
食べる前に重要なことを忘れていたのに気が付く。
あっ!と思った瞬間、既に定食セットプラス雑煮が差し出されていた。

香川県の雑煮はアンコ餅が入っている。

この定食屋も例外ではなかった。
一年前、胸を悪くしながら完食した雑煮を思い出した。
その時は嫌でも美味いと舌鼓を打つ振りをしながら完食せねばならぬ事情があった。
しかしながら、この日も餅を二つ入れてくれと頼んだ時点で、完食せねばならぬ事情は出来ていた。

僕はエグイというか、攻撃的というか、そんな感じの味付けが苦手なのかもしれない。甘味と塩味が喧嘩していて、そういう味付けが嫌いなのである。喧嘩じゃなくて調和だと素敵な味であるのだが。

日本列島、北へ行くほど塩辛く、南へ行くほど甘い味付けが好まれる傾向がある。塩辛い味付けというのは、塩+塩なのであるが、甘い味付けというのは塩+甘である。

香川県はかなり甘い味付けが好まれるようだ。
このアンコ雑煮も、そのあたりが起因して発生したものかもしれない。

ともかくも・・・来年は雑煮には注意したい。

投稿者 shiba : | コメント (0)

2005年01月02日

ハバネラ

5949990_178.jpg
僕の場合、音楽を聴く時は常に同じ曲をエンドレスで聴く癖がある。

正月というのは意味も無くおめでたい。昼間からお酒を飲んで何だか楽しい。

僕は意味の無いことが好きだ。理由は極めて詰まらない事で良い。有名な言葉であるが、ある登山家が言った言葉がある。「何故山に登るんですか?」と言う問いに対して「そこに山があるから」と。
多分そうなのだろう。うん、きっとそうだ.

という訳で意味も無くハバネラ。
オペラのカルメンの中の一曲であるが、とても好き。
眠る前に流しっぱなしにしたまま昨日は眠ってしまった。
何だかいい気分だ。目覚めが素敵。
オペラを聴くと不思議にゴージャスな気分になる。中世のブルジョアになったような。
歌詞の意味も歌劇の背景もよく知らないが、魂を揺さぶられる要素がどこかにあるのだろう。

投稿者 shiba : | コメント (0)

2005年01月01日

2005年 新春

2005.jpg

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年の抱負

①ギャラリィの整理・・・もう少しクオリティを求めることにします。古い写真の整理。(サーバーの容量が残り僅かなのも理由にあり。サーバー移転・増量も検討中)

②新しいモデルさんの撮影・・・もう少し(ほんの少しですが)積極的に取り組んでみようかと考えています。

③銀塩カメラでの撮影増強・・・デジタルはやっぱり限界があるような気がしています。若しくはもう少しグレードの高いデジカメを購入するかもしれません。

投稿者 shiba : | コメント (2)