« 2005年10月 | 2005年11月 | 2005年12月 »

2005年11月29日

浪花節。土下座の文化。

ようやく壊れていた車が治った。

少し前の話であるが、
ある日びゅんびゅん車が通る坂道でオーバーヒートした。
片側3車線の一番右を走っていたので死ぬかと思った。

エンジンをかけると冷却水の給水口から水が吹き出るという凄いことになっていた。要するにガソリンが通る道筋と冷却水が通る道筋がツーツーになっていた訳だ。ついでに水温計も壊れていた。何かおかしいとは思ったが。
当然エンジン周り全壊。

どうも車検時の不備だったらしく、文句を言いに行き、何だかんだと金の出所で随分引っ張って、ようやく今になった。
エンジン周り全て交換。
総額32万。

度重なる交渉で全てメーカーに持たせることで話が付いていたが、担当者が3万だけ何とかしてくれと。
土下座・・・。


土下座という文化のある国はあんまり無いと思う。
日本らしいそれも関西らしいウェットな気質。
もう浪花節の世界。


一つ返事でわかった。と言う。


男が土下座をするって、凄く勇気の居る行為だ。
割り切ってもなかなか出来ることではない。相手によっては特に。
もうどうしようも無くなった時ではないと出来ない事だ。

実を言うと、この担当者と初めて会った時、随分大喧嘩をしてしまった。本当のところ、10万位なら仕方無いかもしれないと思っていたが、その態度にかちんとなって、もう一銭も出す気にならなかったのだ。


実を言うと僕も土下座をしたことが一度だけある。
前に務めていた会社で重大なミスをした時のこと。
案外浪花節と言うのは通じるもので、許してくれたりする。
でも駄目な人は何を言っても駄目なのだけれど。

今でこそ笑い話で話したりは出来るけれど、言い様も無く悔しい気持ちで一杯になる。


色々考えた。
何故3万円なのか。
おそらく幾らでも良いから僕のほうから金額を払う形にしないと担当者の顔が立たなかったのだろう。金銭的な問題だけではないのだと思う。土下座するくらいなら3万位自腹で払う筈だろうから。


3万位何とかしてやろうと思った。これは土下座代。
あれだけ大喧嘩した相手に土下座するのは相当だっただろう。


よくよく考えてみると・・・。
僕のあの時の土下座代は2000万円以上になるのかもしれない。
言っていることと矛盾しているが、もし土下座で食っていけるならいくらでもしてやっても良いと思ったりもする。

投稿者 shiba : | コメント (0)

2005年11月27日

気ままな生活。

でもこの先の不安が無いとは言い切れない。

でもまあ、大台に乗るまでは好きにしてやろうと思う。

基本的に、僕は世間一般で言う仕事人間というのと全く逆だと思う。

でも、それはそういう(仕事人間のこと)経験をしてきたから感じるというだけあって、それはあくまで感じる程度に過ぎない。両極とも言えるその両方を経験していないから確証は掴めていない。丁度良い機会だし、両極を見極めてみようかと考えている。

投稿者 shiba : | コメント (0)

2005年11月21日

しば家の秘密

うーん。
昨夜のことを思い出してみる。

酒を飲んでいた。
多分、フロムAを見ながら一人で延々と酒を飲めるのは僕くらいであろう。
一人の時間というのは大切なもので、夜とか一人で何かしながら酒飲むのは結構好きだ。

僕は何でも~ながらっていうのが好きみたいだ。

昨日は酒を飲みながら、基本はフロムAだったが、
フロムAを見つつ、
ネットで株価、ヤフオク、カメラ、など情報検索したり、
テレビはつけたまま時折目をやりつつ、
漫画を少し読みながら、
ゲームをセットしてみたり、
お、酒が無いなと取りに行ったり。

で、やっぱり酔ってくる訳であって、酔えば酔うほど酒がすすむ。一人で飲んでいるとペースが速い。

僕は何だか酔うと書いたり作ったりするのが好きみたいで、mixiにいらんことを書いたり、昨日は何故か飛び出す絵本を作っていた。別に壊れていません。先日某所で目にした本に影響されてみただけ。多分。


さて。12/からいろいろお仕事。
先日一つ仕事紹介されたのだが、ヤバイのでやめておいた。
時給換算○万円の恐ろしいバイト。

やっぱり人間は地べたに足をくっつけて、歩んでいかねばなりません。
そんな風に思う。

何となく写真。

左:秘密その1 昨夜の残骸。

中:秘密その2 机上の引出の一番下には駄菓子が入っています。つまりおつまみ。

右:全く意味は無いが、ビクター犬。しかも三匹。


何だか昨夜は少し変だった。まあ、たまにはこういう日もある。うん。

昨夜の日記は、いらんこと書いたような気がするので一部削除。

ネット内での情報の拡張性は恐ろしいものがあると感じる今日この頃。

投稿者 shiba : | コメント (0)

2005年11月20日

思うこと。言動。そして少々愚痴ってしまう自分に反省する午前零時。

口で言ってることと、執る行動が違う人間は好きでない。

アドバイスなどしてあげて、その人が全く違う行動をとったとする。
それはその人の自由だから別に構わない。
その結果論、同じ人から全く同じ相談をされたらどうだろうか。

何だか自分が阿呆みたいに思えてくる。

<中略>

信用って言うのは無くすのは一瞬だけれど、取り戻すのは本当に時間が掛かる。
これは世の中の定義だと思う。


今日は全く違うのだが、似たようなことがあった。
だんだん面倒臭くなってくる。
溜息。

少々愚痴ってしまった・・・。

投稿者 shiba : | コメント (0)

カメラ買い替え計画

やっぱりカメラ買い換えよう。

ちょっと良いカメラを買います。

基本的に撮れたら何でも良いと思わなくも無いのだが、折角だから。

色々な事情でお金を下ろすことが出来なかったのだが、出来るようになった。

ようやく。

さて・・・。

どこで買おうか。うーむ。

投稿者 shiba : | コメント (0)

2005年11月15日

飽き性

写真の頁、フォトブログにしたので毎日更新しようとか思っていたのだが、やっぱり自分には無理みたいだ。

ところで、最近人物写真を撮るという行為に疑問を抱いていた。

創作的に能動的なのか、受動的なのか。必然か偶然か。人工か自然か。客観的か主体的か。遠いか近いか。乾か湿か・・・。

ん・・・全て少ずつ言葉が間違っているような気がするが半分合っている。

色々と模索してみたが、結局元々のスタイルが一番良いみたいだ。自分は基本的に後者。

人間は進化する。それは退化すると言うことも含めて進化であって良いのだと。

そんな風に思った。

投稿者 shiba : | コメント (0)

2005年11月06日

邯鄲の夢

最近夢の時間がとてつもなく長いような気がする。

自分の見る夢はほとんど日常の延長で、どちらかというと第三者的な立場から見たような感覚はあるものの、それでいて一つ一つの行動は自発的に行っているような気がする。
夢らしいと言うと語弊があるかもしれないが、所謂非日常的な怖い夢であるとか楽しい夢というのは子供の時以来見ていないように思う。
いつからなのだろうか。気にはなるけれどよくわからない。
いつもとてもくだらない夢を見る。
但し、現実のそれとはちょっと違う世界。全くではなくてちょっとだ。
夢の中でも現実世界と同じ人は登場するし、全く固有の人も居る。

夢はかなり鮮明。

不思議なことだが、夢の中で夢の中の世界に居ることを理解していることが多い。
となるとやっぱり夢は夢なのだ。

夢の中では色々と原則がある。


登場人物、及び自分に危害を加えることが出来ない。
高いところから落ちると目が覚める。
摂取は出来るが排泄が出来ない。
登場人物の特徴が不鮮明。
ストーリーが割とダイジェスト的に展開される。


粥が煮える間に見た夢の中で一生を体験したという話がある。
自分の夢には栄枯盛衰の理は無いけれど、その日常的で現実的な部分は近いものもあるような気がする。

時折思うのは、ひょっとすれば夢の中の自分が同じように今現実の自分を夢と解して見ているのでは無いかと言う疑問。
あまり自分は非科学的なことは信用しない性質ではあるが、科学的なことも同様にあまり信用していない。
例えそうだとして何ら不思議ではないと思う。

少々SF的な考え方ではあるが、現在の科学で説明が付く物質構造や時間軸の捉え方とは全く異なる別の世界があるのでは無いかと思ったりする。

まあ、どうでも良いことではあるが。
今夜も夢の中の人生を過ごすことにしよう。


ところで、そろそろカメラを買い換えようかと思っている。

もう露出計が限界みたいだ。
実を言うともう大分前からだが感度が悪くなってきていて、少しずつ補正しながら使ってきた。最早、僕以外には使えないカメラと化してしまっていた。
多分、他人が使うと真っ黒な写真になると思う。
感度が悪くなってきてはいたものの、常に一定のずれを生じていただけなので使用可能だったが、ここにきて感度がばらついてきた。

オートフォーカスは苦手なのでマニュアルフォーカスが良い。ニコンの新しいのにしようかと思っていたのだが、結構高い。
色々調べていると、FM3Aというのと、FM10というのが現行機みたいだ。知らなかったのだがマニュアルフォーカスの現行機はシャッター優先が付いていないらしい。高いほうは絞り優先のみ付いているみたいだ。せめてそれ位は欲しいので結局高いほうのFM3Aになる。ボディだけで七万。うーむ・・・。

僕の今使っているカメラは、機能的に相当変だ。
正直あまり作品を撮るには向いていない。おまけに半分壊れている。
よくこんなので撮っているなと我ながら思う。
でもこれに慣れているので修理して使いたいところだが、もう二十年以上も前のカメラなので修理するのが不可能ということ。仕方が無い。

さて、どうしようか。
中古でまだ使える同等機種を購入するか。
それとも新品を買うか。
悩むところである。

うーむ・・・。

投稿者 shiba : | コメント (0)