« 2006年03月 | 2006年04月 | 2006年05月 »

2006年04月30日

kanonへのリンク

最近ね、kanonにリンクを貼ってくださる方が時折メール下さってとても嬉しく感じています。

リンク貼ってくださった方は是非ご報告下さい。
こちらも貼らせて頂きます。

特にリンクに拘りはありませんが、このページは相互リンク以外はしないことにしています。

下記に該当するサイト以外は基本的におっけいですのでお気軽に連絡ください。
1.あまりに趣向の違うサイト
2.管理人が18歳未満の方
3.アダルトサイト

投稿者 shiba : | コメント (0)

2006年04月27日

自転車の日

2006-04-27.jpg
運動不足なので久しぶりに自転車。

うっかり忘れていた市府民税関係の届出をしにいく。


何だか三駅間も自転車でウロウロすると流石に疲れた。
大きい自転車買おうかなと思う。流石に折り畳みは長距離にはキツイ。


ふと感じたのであるが、いつも自転車に乗ると目に虫が入る。
結構でかいのが入る時もある。痛くなって目をこすると足が・・・とか。
これって僕だけなのだろうか。

投稿者 shiba : | コメント (0)

2006年04月25日

寝屋川市待機宿舎

2006-04-25-1.jpg

2006-04-25-2.jpg

身近過ぎて全く気にもしていなかったのですが、先日立替工事が始まっていました。
ここは警察の団地なのですが、相当古く老朽化しており、結構前から、奥の5棟は廃墟化していました。
全部で20棟位あります。新しいほうの棟にはまだ住んでいらっしゃる方もちらほら見かけました。

これ全部立て替えするのだろうか?
大林組が入っていたので全部する可能性大。
勿体無いと思うのであるは僕だけだろうか。

もう少し早く行っておけば良かった。
いつでもいけるところって案外行かないもので、いつの間にかなくなってしまうというのは良くある話。

投稿者 shiba : | コメント (0)

2006年04月22日

アフィリエイトの現実。一年間の結果レポート

正直言うと僕は働くのが嫌いです。怠け者です。

食うためにやむなくするのが仕事であります。自分は多分一生かかっても仕事に喜びを感じることは無いと思う。プライベートを充実するが為にどうしてもしなくてはならないものであって、それが喜びになど為り得ないのです。

確か昨年のこと。そんな自分が思いついたのは働かずして継続的に食べていく方法は無いのかという疑問。

アフィリエイトをやってみよう。

仮に月十万でも収入になればつつましくも生活できるのではないかということを思いついた訳です。

そんなに甘いものでも無いのは現実。
今日は約一年間、大した努力も無いままにではありますが、一応ひととおりアフィリエイトサイトを全部試してみた結果を発表してみます。
ほんのお小遣い程度ですが、やってみようという方は参考にしてみてください。
率直な意見なので信憑性はあると思います。


1.A○ネットとかリン○シェアとかありきたりなもの・・・儲かりません。駄目。
2.チャットとか準アダルト要素なもの・・・儲かりません。駄目。
3.Ama○on・・・一応実地中ですが多分駄目。
4.google・・・これは確実に入ります。


結果的にgoogleの広告が一番効率良いみたいです。
今、左のサイドバーに付いているこれ。このテキストの広告が一番良いみたいです。
100ドルになったら支払いしてくれる訳ですが一年掛けてようや今月支払いになりました。
と、言いながらそのうちの30ドルは先月。

一体どうやったのかと言うと、改装時に全部のページをPHP化して、ファイルを埋め込んだということ。それだけ。
僕のホームページはもろもろのサイト併せてトップだけで一日400ヴューくらいです。
ということはそれ以上のサイトであると、三ヶ月で100ドルは絶対いく筈。

やってみたい方どうぞ。↓

※ちなみにここから六ヶ月以内に100ドル稼いでくれると僕にも一部紹介料が入るらしいです。
多分無いと思うけれど、もし入ったらまた報告します。
自分の経験上200ヴュー位あって全部のページにまんべんなく貼れば多分半年もかからずに100ドルいく筈。

投稿者 shiba : | コメント (0)

2006年04月21日

虚構又現実

たまには写真のことについて話してみる。

Kanonはだらだらしたホームページではありますが、一応、いろいろ考えては居るのです。
模索していました。こういうことって、きっかけが偶然にしろ、必然にしろ、そんなことはどうでもいいのだけれど割と大切なことだと思う。

そもそも。

写真って、嘘っぽいのです。

僕はあきらかに嘘っぽい写真がとても好きではなくて、出来るだけリアリティ、生々しさ。そういうものを大切にしたいと思いながら少しずつその形を変えながら今日まで歩んできた訳です。
僕が写真を撮ることになったきっかけというのは酷く偶然なもので、元々そんなに写真が好きだった訳では無いのです。しかしながらそういった思いがあったからこそ、このサイトを作り、自分なりに検証してみようなどと考えたわけです。それに伴い写真が好きになった訳ではあるのですけれど。

正直な話、僕自身は写真に芸術性など微塵も無いと考えています。

そもそも芸術とは一体何なのかと言われてみると不思議に答えられないのですが、あえて言うならば無い所から湧き出し形成されるものではないかと思うのです。これは持論ですけれど。

そうすると、ある所から端を為し、記録するものである。ということになります。
僕は虚構ではなく、現実的にきちりと記録して残したいと思っていたのですが、そもそも写真を撮るという行為自体が嘘であるのに気が付くのにそう時間は掛からなかったということ。つまりは不自然だということ。

こんなことを書いてはいるのだけれど、僕は写真を撮るのがとても好き。
自然ではありたいと思うのだけれど、そんなの絶対無理なのだから、まあ思うようにやれば良いということ。そのファジィさが自分の長所でもあり短所でもあると最近思うのです。
それが真実であろうと虚構であろうとそんなころはどうでも良いのかもしれません。

投稿者 shiba : | コメント (0)

2006年04月17日

三十路ぞなつのしるしなりけり

そういえば。

とうとうなった。
大台。

誕生日と言うのがこれほど悲しいのは生まれてはじめての経験。
日本酒沢山もらってうはうはしてたが、本音は少し寂しい。

十代の頃から何か変わったのかと思い起こしてみると全く変わっていないような気がする。
取り巻く環境や、その時々の考え方は随分変わったのだろうけれど、根本の部分と言うのは基本的に同じ。

きっとあと十年経っても同じようなことを思うのかもしれない。
人間って小さいなと思う。
でも悪くない。

投稿者 shiba : | コメント (3)

2006年04月15日

豪州から来た男

a073.jpg

いや、僕の弟のこと。
実を言うと僕の弟は一年ほど前からオーストラリアに行っていて、今日帰ってきた。
僕は行ったことが無いのであるが、雄大な良いところらしい。

土産物がチョコレートで、これがなかなか凄い味だった。
あちらの人ってやっぱりこういう味が好きな人が多いのだろうか。
文化なのかもしれない。

今日は酒盛。

何が食べたいか聞くと、やっぱり刺身とか寿司とか生ものの類。
うん、そうだろう。納得する。

とりあえず。お帰り。
まいぶらざー。

投稿者 shiba : | コメント (0)

2006年04月03日

春思

2006-04-02.jpg

そういえば。
先週、社長になりました。
業務は四月の中旬位から具体的に始動することになると思います。

合間合間で準備準備。準備作業に追われています。

そういえば先週法務局へ行った帰り道、桜が咲いていました。
忙しいかたわら、時間作って花見でも行きたい今日この頃。
そういうことって大事。

投稿者 shiba : | コメント (2)