« 好きな町 | 香川にて | 病院へ »

2006年06月19日

香川にて

2006-06-17.jpg


香川に行ってきた。
もう本当に久しぶりで何だか懐かしさが込み上げること山の如し。


朝出た瞬間雨が降り出す。雨男ぶりは自覚しているものの、何だかついてない。

朝食抜いて正午過ぎに到着。
行きたかった池上のうどんは先が見えないほど並んでいた。よくテレビに出るおばあちゃんがやっているうどんや。こんなに並んでるとは。何度か行ったことがあるのだけど、大体スルーに近い状態で食えてたので驚いた。はりやも結構並んでいた。腹が減りすぎて並ぶ気力が無かったので結局つるいちで食べた。山田屋のお好み焼きも食べたかったのだけれどやっぱり人の山。何だかついてない。


琴平でしょうゆソフトを食べて気を取り直したところで、駐車場の土産屋のおばさんがガメつくてまた疲れた。何だかついてない。


久しぶりに綾南町の変電所の廃墟に行ってみると、様子がおかしい。茂っていた草が無い。そしてがっちりバリケードを立てられて入れなくなっていた。あれから色んな人が出入りしている筈。中には大勢で押しかけてわあわあ騒いだり近隣に迷惑をかけた人も居るだろう。まあ時代の流れか。
本当にここは美しい廃墟だった。
http://eden.rati.info/gallery/p_sk_02-01.php
何だかついてない。


庵治へ。
実はこの子はKanonのモデルの中では一番古株だったりする。
モデルと言うよりこの子は遊び友達だろうか。話をしていると本当に色々考えている子だなと思う。僕は意外と何も考えていないのでとても感心する。
とても繊細なのだけれどそんな素振りを微塵も見せない素敵な女の子。言葉は少し悪いけれど、本当に温かい子というのはこういう子のことを言うのかもしれない。
純粋な岡山弁が今も耳を過ぎる。
三年前にここで写真を撮った。本当に懐かしい。やっぱり三年前と同じくしてしゃぼん玉で写真を撮ったりした。海とシャボン玉というシュチエイションがたまらなく好きだ。


感無量に浸っていた帰り際。フェリーの到着時刻で眠りから起こされた夢のまにまに。
一時停車してないですよ。とパトカーに止められる。
とりあえず平身低頭にしてみるが、やっぱり切符切られた。

パトカーの中で
「早くしてね」
「あんたらも暇やね」
などと、つい、ぶりぶり文句を言ってしまう。
まあ、彼らも仕事だから仕方ないかなと思いつつ、7000円は痛い。踏み倒す方法も無くはないのだけれど僕はもう出来ないので大人しく払っておこう。


何だか本当ついてない日だった。
こういう日もある。


でも、まあ楽しく香川満喫も出来たのだし、良しとしよう。

投稿者 shiba :

コメント

コメントしてください




保存しますか?